ポジポジ

素敵なニュースの掛け流し。

イチロー代打弾、米でも話題 24季連続の一発は112メートル

f:id:fun9cy:20160908180534p:plain

マーリンズのイチロー外野手(42)が6日(日本時間7日)のフィリーズ戦で自身初の代打本塁打を放った。 昨年4月29日のメッツ戦以来となる一発。待望の今季第1号は8回、無死二塁の場面で飛び出した。フィリーズの3番手・ネリスが投じた139キロのスプリッターをイチローは強振。快音を残した打球は高々と舞い上がり、ライトのマーリンズブルペンに飛び込んだ。打撃練習では柵越え連発も、試合ではなかなか見られず。シーズンも終盤に差し掛かり、ファンはようやく練習通りの当たりを目にすることができた。

www.sponichi.co.jp