読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジポジ

素敵なニュースの掛け流し。

襲われた女性を守るため戦った野良犬、5回も刺され重傷を負うも奇跡的に回復

名前もわからない野良犬が女性を襲った男と戦い、ひどいケガを負いながらも一命をとりとめたというエピソードが話題となっている。5回もナイフで刺され重傷を負うその野良犬とはアメリカのジョージア州、Baldwinという街をさまよっていたオスのピットブル。…

【海外発!Breaking News】白血病を患った娘に代わり46歳母が代理出産(豪)

親であれば我が子には幸せになって欲しいと願うのは当たり前のこと。しかし我が子が病に侵され、将来は子供を持つことができないと宣告されたら親としてできることは何だろうか。ある46歳の母親は、我が子のためなら何でもするというその信念通り、25歳の娘…

【海外発!Breaking News】1人でランチを食べる自閉症の息子、でもその日は違った 母の感謝の言葉に全米が感動

3歳で自閉症と診断されたボー・パスケ(Bo Paske)君の母親のリー(Leah)さんは、ボー君の学校での様子が気になって仕方がない。「今日は学校で悲しいことはなかったかしら…」「ランチはだれと食べたの?」毎日学校から帰ってくるボー君にこんな質問を投げ…

イチロー代打弾、米でも話題 24季連続の一発は112メートル

マーリンズのイチロー外野手(42)が6日(日本時間7日)のフィリーズ戦で自身初の代打本塁打を放った。 昨年4月29日のメッツ戦以来となる一発。待望の今季第1号は8回、無死二塁の場面で飛び出した。フィリーズの3番手・ネリスが投じた139キロの…

パラリンピックの「パラ」の意味 障害者の苦難と希望の歴史がそこにある

脊髄損傷が死の宣告とみなされていた時代からまだ1世紀も経っていない。第二次世界大戦前は、ほとんどの脊椎損傷者が3年以内に死亡している。そして彼らは死ぬまでの間、ほとんど世間から見放され、忘れられ、人生の敗者も同然だった。 しかし1944年、医師の…

錦織圭、マレーを破り4強 「感覚がよく打って行けた」(画像)【テニス全米オープン】

テニスの四大大会最終戦の全米オープンは9月7日、男子シングルス準々決勝があり、第6シードの錦織圭(日清食品)が第2シードのアンディ・マレー(イギリス)を1-6、6-4、4-6、6-1、7-5のフルセットで破り、準優勝した2014年以来のベスト4入りを果たした。日…

永遠の別れが間近に迫り…妻の手を離さない100歳のおじいちゃんが切ない

大切な人の思い出は、たとえその人が亡くなってもいつまでも胸に残る。とは言うものの、やはり人が亡くなるのは辛い。殊に、77年間連れ添った夫婦であれば尚更だろう。別れの時迫る共に過ごした年月と深い絆により、夫婦のいずれかが臨終の時を迎えれば互い…

父親参観日に男装をして学校に乗り込んだシングルマザーに全米から称賛の声!

米・テキサス在住のシングルマザー、イヴェット・ヴァスケスさんが先日、facebookに投稿したある写真が話題になっています。 写真が撮影されたのは9月1日。 この日の朝、イヴェットさんがいつものように息子のイライジャ君を学校へ送りに行くと、駐車場には…

巨大食道症で食べられない子犬を看護師が諦めず介護、特別な椅子を考案し見事に回復

食べ物が喉を通らない障害を抱えながらも、動物看護師のおかげで見事に成長しているオスの子犬が話題となっている。食道が機能しない「巨大食道症」そのワンコとはアメリカのアイダホ州で暮らす、ジャーマン・シェパードの「Elijah」、愛称「Eli」。彼はわず…

【安楽死寸前!】 豪州から飛行機を乗り継いでアイルランドの飼い主の元へ

アイルランド出身のフィオナさん。オーストラリアのシドニーで、10歳になる猫のジョージと一緒に暮らしていました。フィオナさんとジョージは仲良く暮らしていましたが、フィオナさんが体調を崩してしまったことから2人は離れ離れになってしまいます…隣人…

「邪魔しないでください」 自閉症の息子を別室へと連れて行った男性スタッフは…

部屋のドアノブには「邪魔しないでください」というカードをかけ、その部屋の中でリヴァーくんに合うシューズを選んでくれたのです。 その男性スタッフの心遣いが「とても嬉しかった」と語るジェムさん。そして、「この感動を多くの人に伝えたい」とリヴァー…

ボルト選手があの腕立て少年とレース!その「走り方」にボルトの優しさを感じずにはいられない!!

2人のレースは5分8秒から。ボルトの登場は3分35秒からどうぞ。見所は以前話題になったジャマイカの少年トレーナー。仲間を叱咤激励しトレーニングに励む姿が可愛いと人気になりました。その少年が出演したテレビ番組に登場したのがなんと、リオ五輪で3冠を達…

ガザ地区で起業支援コンテスト 主催の上川路文哉さん「悲惨な状況だが、人々に希望を与えたい」

イスラエルに境界を封鎖されて「天井のない監獄」とも呼ばれるパレスチナ自治区ガザ。このガザの若者の起業を支援支援するため、日本人の若者らが主催したビジネスコンテスト「ガザ・アントレプレナー・チャレンジ 2016」が8月10~11日、ガザ南部ハンユニス…

「ボクがキミの目に」病気で両目を失った犬 彼の側にはいつも小さな友達が

アメリカに住む白いふわふわの毛並みがキレイな犬、ホシ。彼は11歳の時、緑内障のため両目を失ってしまいました。しかし、今でもホシは元気に外を歩いています。それは、ホシには親友のゼンがいたからでした。ホシが緑内障のため、両目を摘出しなくてはな…

ラグビー選手がSNSに自殺防止のOKサインを投稿。「話していいんだよ」と男性に向けてメッセージ。

「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。 アイルランドのラグビーチーム「Halifax RLFC」で活躍するルーク・アンブラー選手は、ハッシュタグ「#itsoktotalk(…

20年以上墓地にくる人々を癒し続けた墓守猫、最後の任務をこなし永遠の眠りにつく(イギリス)

イギリス、ガーンジー島にある聖サンプソン教会区教会。ここの墓地には美しい茶トラのネコが棲みついていて、もう20年以上も訪れる人たちの心を癒していた。その猫の名はバーニーという。 バーニーはこれまで、数えきれないくらいたくさんの遺族たちの悲しみ…

妻へ、夫へ。世界中で感動を呼んだ「夫婦愛」のストーリー【まとめ6選】

苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いったいどのように愛情表現をしているのでしょうか?ここでは、深い夫婦愛が感じられる6つの記…

准将に昇進したペンギン、ノルウェー軍近衛部隊のニルス・オーラヴ3世に敬礼っす!

めっちゃエリートのペンギンがいるという。ノルウェーの陸軍に国王より爵位の称号を授かり昇進を続けるそのペンギンはニルス・オーラヴ3世である。 約50年も前から引き継がれている陸軍の伝統的な地位を継承したペンギン、ニルス・オーラヴ3世の閲兵儀式が先…

【凄い】リオ五輪の安倍マリオ、G20各国首脳からも好評化!「非常に高いパフォーマンス」「親子の会話のきっかけに」

首相に感謝を伝えたのは世界銀行のキム総裁。キム氏は首相に歩み寄り、「思春期で全然口をきいてくれない16歳の息子が閉会式をテレビで見て、『安倍首相はクールだ(格好いい)』と言ったので、自分が『親しい友人だ』と説明したら親子の会話ができるよう…

海外「日本は正に先進国だった」 サウジの日本絶賛番組にアラブ人感銘

動画はサウジアラビアで放送されているテレビ番組「ハワーテル 『改善』」。 日本テレビ系列の「世界まる見え!テレビ特捜部」で何度か扱われていたので、 ご存知の方も多いのではないでしょうか。 【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「日本は正に先進国だっ…

アボット、ノーヒットノーランに世界が感動/復刻

<日刊スポーツ:1993年9月6日付> プレーバック日刊スポーツ! 過去の9月6日付紙面を振り返ります。1993年の1面(東京版)はヤンキース・アボットがノーヒットノーラン達成の記事でした。 ヤンキースタジアム 米大リーグに新たな伝説が誕生し…

ジョエル・キャンベル、いい人!幼い男の子への「やさしさ」が話題

この夏、アーセナルからスポルティング・リスボンへローン移籍したコスタリカ人FWジョエル・キャンベル。 アーセナルからスポルティング・リスボンに移籍したコスタリカ代表FWジョエル・キャンベル、コスタリア代表の一員として戦った敵地でのハイチ戦で見せ…

南の島で犬たちと一緒に遊べるチャンス到来!保護犬たちと共にハワイ・カウアイ島をハイキングできるツアーが開催中!

ハワイ諸島の南端にあるカウアイ島の動物愛護協会(KHS)は島の観光客向けに愛らしい旅の友やフレンドリーツアーガイドやを提供する企画を行っている。 このシェルター主催のフィールドトリップ・プログラムは、シェルターの魅力的な犬たちと一緒に島内ハイ…

勤続32年-ダウン症女性の退職の日、100人以上の人々が店を訪れた

8月29日、米マサチューセッツ州にあるマクドナルドで、ひとりの従業員が退職の日を迎えた。彼女の名前はFreia Davidさん。実に32年間も同店で働いてきた女性だ。 支援プログラムがきっかけ ダウン症とともに生まれてきた彼女がその店で働くきっかけとなった…

ロイター通信で紹介され世界が賞賛。巻き寿司アーティスト・たまちゃん

AbemaTV『AbemaPrime』の金曜日コーナー、MCの池澤あやかとハヤカワ五味が様々なジャンルのスゴイ女性を招き、生き方を学ぶ「池澤、ハヤカワのスゴ女図鑑」。2日は日本の伝統、巻き寿司で斬新なアートを表現する、巻き寿司アーティストのたまちゃんが紹介さ…

がんに苦しむ少年を救うため、銀メダルを売却したポーランド人選手

銀メダルで悔し涙を流す選手がいれば、銅メダルで嬉し涙を流す選手もいる。個人差こそあるものの、一般的に五輪におけるメダルの獲得は悲願だ。そんな多くのアスリートが望むメダルを獲得しながら、オークションで売却してしまった男がポーランドにいる。と…

愛犬ハンナの安楽死を決断した家族「最期の一日」の記録に涙が止まらない

主人公の老犬ハンナは、最期の最期で家族とともに「最高の一日」を迎えることができました。愛するペットが最晩年を迎えたとき、この家族と同じように、誰にも苦渋の選択を迫られる瞬間があるはずです。愛するペットとの向き合い方を、いま一度考えるきっか…

【神対応】孤立した老夫婦と出会ったイタリア警官たちの心温まるおもてなしが話題に

先日、ローマ警察に市内のアパートの1室から泣き叫ぶ声が聞こえるという通報があり、事件の可能性があるとして、警官が出動する騒ぎに。しかし、現場に駆け付けた警官が見たものは事件ではなく、なんとも切ない光景だった。 news.aol.jp

「ふーっ、助かりました」ルイジアナの洪水で救われた子鹿が見せる表情がカワイすぎる

先日、アメリカのルイジアナ州を襲った大洪水。その最中に撮影された、微笑ましい鹿の赤ちゃんの写真が話題となっている。 近寄ってみると車内に鹿の赤ちゃんが この写真を撮影したのはアマチュア・カメラマンのScott Blackさん。 彼は洪水が発生した当日、…

【感動秘話】一匹の猫が負傷した遭難者を救出!この奇跡的な話がネットで大反響を呼ぶ

このかわいらしい猫、ある投稿をきっかけにインターネット上で超有名な猫となりました。 この猫、アルプスで負傷し遭難していた登山者をふもとまで導き救出した、スーパー賢い猫なのです! アルプスを登山していたのはあるハンガリー人男性。彼は遭難してし…

フランス国歌にブーイング…その時、ブッフォンがやった行動が話題に

このほど、バーリで行われたイタリア対フランスの国際親善試合。 弱冠17歳のGKジャンルイージ・ドンナルンマが、途中出場からアズーリデビューを果たしたことも話題になった。 この一戦はスタディオ・サン・ニコラで行われたのだが、試合前の国歌斉唱ではこ…

リオの「金」に首相感動、フィジー国旗変更せず

国旗の変更を検討していた南太平洋フィジーのバイニマラマ首相が、変更見送りを決めた。 リオデジャネイロ五輪の7人制ラグビー男子で、同国史上初の金メダルを獲得し、はためく国旗を見て「深く感動」したことがきっかけだという。www.yomiuri.co.jp

甘粛省の荒れた山に、12年かけて植樹し続けた日本人 感動し、敬意を抱いた=中国メディア

日本と中国両政府の政治的な対立がクローズアップされ、両国民間の感情悪化や交流への影響が再び懸念される。しかし、政府的な関係冷却化の中でも民間交流も取り組みは着実に進んでいるのだ。 news.searchina.net

ありがとう~!殺処分寸前に救い出してくれた女性に頬ずりするニャンコが感動的

助けられたご恩を忘れないのはツルやカメだけではない。猫も自らのピンチを察知し、死の間際から救い出してくれた人には、心を込めてお礼を言う生き物である。こちらの「ヘンリー」が良い例だ。 irorio.jp

結婚52年…毎日ペアルックのおじいちゃんとおばあちゃんが素敵

歳を重ねてもラブラブでいられるカップルは理想ですね。 そんなうらやましい夫婦がアメリカ・フロリダにいます。 きっかけはスクエアダンス ニューヨークでシンガーとして活動している17歳のAnthony Garguilaさんの祖父母、76歳のエドさんと74歳のフランさん…

これは素敵!日本・ベルギー友好150周年のフラワーカーペット、60万もの花の絨毯が美しい

ベルギーの首都、ブリュッセルにあるグランプラス広場に60万もの色とりどりの花が使用されたフラワーカーペットが出現!「日本」をテーマにしたデザインで、色鮮やかな横24m×縦75mの巨大アートが公開されました。 jiyuzine.com

【感動】あるビデオが、世界一感動的なプロポーズだと話題に!Youtube再生回数17万回超え!!

世界一素敵なプロポーズと言われ話題になっているビデオがあります。なんとYoutube再生回数は17万回超え!なかなか会えない彼女に少しでも愛を伝えるため、彼は1年間毎日欠かさず、クリップボードに愛の言葉を書いたショートビデオを送り続けたのです・・・ …

本田圭佑がイタリア地震の被災地に2万ユーロを寄付。さらに「2つの提言」も

「サッカー日本代表のエース」「ACミランの10番」そんな“本職”以外にも、「経営者」や「クラブオーナー」「MITメディアラボ特別研究員」など、さまざまな肩書きを持つ本田圭佑。活躍のフィールドは幅広く、その影響力はもはやピッチ内に収まりきらない──。 t…

お皿にぶちまけられた「歯磨き粉」で、母が娘に伝えたかった大切なこと

ある日、母親のエイミーさんはもうすぐ中学生になる娘に、歯磨き粉の中身すべてをお皿の上に出すよう指示し、こう言いました。「この歯磨き粉を全部、またチューブの中に戻してみなさい」と。 tabi-labo.com

ついてきなさい…道に迷ったハイカーを救った「山の猫」がカッコいい

山歩きは楽しいものですが、危険もつきもの。 道に迷ったり、けがをしたり…。 その両方が降りかかったハイカーの体験談が話題になっています。 irorio.jp

山岳救助隊ヘリが諦めた標高2,000mの遭難者をボランティアの民間ヘリパイロットが見事に救出

救助のプロが操縦するヘリコプターも近づけない断崖絶壁にいる遭難者を、民間ヘリのパイロットが志願して、見事に救出するという出来事がルーマニアであった。 irorio.jp

「住所も名前もわからなかったので、封筒に地図を描いたら…届いた!」アイスランド宛の郵便

アイスランドに手紙を送ろうとした人が、宛先の住所も名前もわからなかったことから、代わりに地図を封筒に描いて送りました。 すると、驚くことにちゃんと届いたそうです。 どんな封筒だったのかご覧ください。 labaq.com

義足を盗まれた4歳少年に心温まるプレゼント 支援の輪が広まる

とんでもない災難に見舞われた4歳の少年を助けるために、支援の輪が広がった。 ABC7によると、難病「FATCO症候群」で右脚を切断したアメリカ・カリフォルニア州のリアム・ブレネスくん(4)は、右脚に義足を使用している。最近、海に出掛けて彼が泳いでいる…

レッチリのフリー、ゴリラのココと心温まるセッションを披露

「こんな素敵な出来事はないよ」と、ベーシストのフリーはゴリラのココとの出会いを語った。 レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシスト、フリーが、思いもよらない生徒に音楽の授業を行った。その生徒とは、カリフォルニアのウッドサイドにあるゴリラ財…

容疑者の赤ちゃんをお風呂に入れてあげた州警察官に賞賛の嵐

先日のある晩、ウェストバージニア州プリンストンの州警察官が、飲酒運転で捕まえた容疑者の赤ちゃんに対してしてあげた対応に、賞賛の声が上がっている。 news.aol.jp

ダルビッシュが韓国ファンに送った「心温まるプレゼント」が話題に

米メジャーリーグのダルビッシュ有が、韓国のファンに心温まるプレゼントを送っていたことが分かり、韓国のネット上で感動を与えている。ダルビッシュは8月10日、自身のツイッターに新しいグローブの写真を掲載し「小指二本タイプのが届いた! 田中のまさお…

全力を傾ければ遅すぎることなど無い。パワフルな80歳に勇気づけられる

44歳で英語を学び、70歳で腹筋を鍛え始めた。 中国出身の俳優、王徳順。王は79歳だった去年、中国ファッション・ウィークでランウェイを闊歩し、圧倒的な存在感をみせました。 www.buzzfeed.com

【リオ五輪】キレッキレダンスで話題の重量挙げ選手、笑顔の裏にあった思いが泣ける

リオ五輪に出場したキリバスの重量挙げ選手デビッド・カトアタウさんの試技後に見せるキレッキレのダンスが話題です。 リオ五輪に出場したキリバスの重量挙げ選手デビッド・カトアタウさんの試技後に見せるキレッキレのダンスが話題です。ダンスは2014年のコ…

瀕死の子猫を救ったハスキー犬の愛 本当の親子のように暮らす、子猫とハスキー犬の家族が話題に

動画がYouTubeやTwitterで話題になっています。 昨年の4月、カリフォルニアの路上で保護された子猫のロージー。保護した当初はほとんど瀕死の状態で、食事も取れないほど弱っていたそうです。そこで、シベリアンハスキーのリロを寄り添わせてみたところ、リ…

コロンビア政府とゲリラが和平合意 半世紀以上の内戦に幕 - BBCニュース

南米コロンビアで24日、政府と左翼ゲリラ「コロンビア革命軍」(FARC)が和平交渉の最終合意に至った。歴史的な合意によって、半世紀以上にわたる内戦が正式に終結する。 政府とFARCは、社会的排斥を終わらせる取り組みでの協力や、対立の犠牲となった人々に…