素敵なニュース.jp

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なニュース.jp

素敵なニュースの掛け流し。


氷点下35度。あまりの寒さに凍りついてしまった猫の救出物語。最後はハッピーエンドが待っていた(ロシア)

ロシアの国土は広いがその多くは寒冷地帯であり、世界一寒い居住地も存在する。12月に入り本格的な寒さが到来したロシア、チェリャビンスク州にて、氷点下35度の寒さの中、足が凍った水たまりと一体化して身動きが取れなくなった猫がいた。 そしてこの猫を救…

【取材】ホテルから宿泊を拒否されたシカの写真に大きな反響!「それはシカたないですね」の声も!

画像には雪が降る中、駐車場と思われる場所に野生のシカがたたずんでいます。 シカの頭には雪が積もっており、寒くてたまらない様子。 つぶらな瞳で「ホテルに泊めてほしい」といっているようです。 しかし、いくら可愛いとはいえ、野生のシカをホテルに泊め…

ロシアの横断歩道で撮影された「信号ルールを守るワンコ」に称賛の声

ロシアの横断歩道で撮影されたにわかに信じられない「信号ルールを守るワンコ」の映像がネット上で話題を集めている。 赤信号を堂々と無視するオッサン。車も通っていないので、許容できるジェイウォークといった感じだが、向かい側にいるワンコはしっかりと…

やむにやまれぬ事情で保護施設に預けられた犬、どうしても飼い主に会いたくて3つの難関を突破し脱走に成功。

できればずっと寄り添っていたかったが、やむにやまれぬ事情で愛犬を手放さなければならない場合もある。 だが犬の方は、突如飼い主がいなくなり見知らぬ場所で置いてきぼりをくらったら混乱するだろう。 2歳になるメスのジャーマンシェパード、ジンジャーも…

大親友を亡くして失意の日々を送っていた犬。彼に再び生きる力を与えたのは1羽のアヒルの存在だった(アメリカ)

アメリカ、テネシー州に住むジャッキー・リットンさんの家では2匹の犬が12年間もの間、それはそれは仲睦まじく過ごしていた。ところが2年前、そのうちの1匹が虹の橋へと旅立っていった。 それからというもの、失意のどん底の日々を送っていたジョージだが、…

少年の右側から離れようとしない犬。そこには両親も気が付かなかった驚きの事実が隠されていた。

イギリスのサウスラナークシャーに暮らすキャノンさん一家には、5年前にボルドー・マスティフ種の犬、アルフィーを飼うことになった。 その直後に男の子の赤ちゃん、マーク君が生まれ、一緒に育った両者は離れられない仲となった。 いつもマーク君のそばには…

お母さんいた!孤児となったコアラにぬいぐるみのコアラをプレゼント。ぴっとり抱き着くその姿がいとおしい。

オーストラリアのクイーンズランド州にて、先日車の事故で母親を亡くし、孤児となった9か月の赤ちゃんコアラが、親切な発見者の手によって動物病院に運ばれ保護された。 奇跡的なことに彼の体には目立つ外傷は無いものの、彼の精神面を気遣った飼育係が赤ち…

入院中の飼い主を病院の外で待ち続ける秋田犬に称賛の嵐(スペイン)

忠犬ハチ公で知られる「秋田犬(あきたいぬ)」は、賢く従順な犬として日本でも人気が高い。見知らぬ人に対しては警戒心が強く番犬としても活躍。飼い主への厚い忠誠心を持つこの犬は、ヨーロッパやブラジルなどでも広く親しまれている。このたびスペインか…

ゾウ2頭が感電死、1頭は仲間を助けようとしていた インド

【9月11日 AFP】インド東部・西ベンガル(West Bengal)州ダージリン(Darjeeling)地方のシリグリ(Siliguri)郊外で、雌のゾウ2頭が電柱に接触して感電死した。当局が10日、明らかにした。 2頭は20~40頭の群れに属していたゾウで、シリグリ郊外の茶畑のは…

毎日手紙を受け取ってくれる働き者のワンコ → 「郵便がない日」も仕事を与えてあげる配達員が超素敵!!

いつも慌ただしく過ごしていると、「仕事も家事もせずに、毎日のんびりと過ごしたい!」なんて思ってしまう人もいるだろうが、目的もなしに過ごす日々は、きっと暇疲れしてしまうに違いない。どうやら、それは動物も同じようで、毎日欠かさず自分の仕事であ…

とにかく犬はひたすら待つ。飼い主が亡くなった病院の前で8ヵ月も帰りを待ち続けている犬、里親が見つかるも・・・(ブラジル)

これまでも病院の前で飼い主を待ち続けたり、墓から離れようとしない犬、事故現場から動かない犬など、世界各地でひたすら待つ犬の姿が報じられその都度人々に感動を与えている。 忠実な犬の飼い主への愛は永遠に失われることはないようだ。 karapaia.livedo…

「いままでずっとありがとにゃ」 飼い主の手をギュっと握りしめた老猫の最後の一枚

その肉球にはたっぷりの愛情が詰まっていた。 車の中で飼い主の手をギュっとする猫の画像が海外掲示板に投稿され人々の涙を誘った。 15歳の老猫、アンドリューはこの日動物病院に向かう途中だった。 karapaia.livedoor.biz

CAに一目ぼれ…粘って愛を勝ち取ったワンコのラブストーリーが素敵

数か月に一度しか会えない相手を思い続け、ついにハッピーエンドを迎えたラブストーリーが話題になっています。 irorio.jp

足の不自由な黒猫、ナースとして動物たちの治療を手伝う姿に心温まる

ロシアの動物病院でナースとして動物たちを癒している猫が人気です。 irorio.jp

足をけがした小鳥、ちっちゃな「かんじきギプス」のおかげで完治

動物のけがには様々なものがあり、獣医師たちは色々工夫して彼らを治療しています。カリフォルニア野生動物センターの獣医師が用意したこのギプスも、そうした工夫のひとつでしょう。爪先が丸まった小鳥同センターが保護した野生のマネシツグミは、足の爪先…

襲われた女性を守るため戦った野良犬、5回も刺され重傷を負うも奇跡的に回復

名前もわからない野良犬が女性を襲った男と戦い、ひどいケガを負いながらも一命をとりとめたというエピソードが話題となっている。5回もナイフで刺され重傷を負うその野良犬とはアメリカのジョージア州、Baldwinという街をさまよっていたオスのピットブル。…

巨大食道症で食べられない子犬を看護師が諦めず介護、特別な椅子を考案し見事に回復

食べ物が喉を通らない障害を抱えながらも、動物看護師のおかげで見事に成長しているオスの子犬が話題となっている。食道が機能しない「巨大食道症」そのワンコとはアメリカのアイダホ州で暮らす、ジャーマン・シェパードの「Elijah」、愛称「Eli」。彼はわず…

【安楽死寸前!】 豪州から飛行機を乗り継いでアイルランドの飼い主の元へ

アイルランド出身のフィオナさん。オーストラリアのシドニーで、10歳になる猫のジョージと一緒に暮らしていました。フィオナさんとジョージは仲良く暮らしていましたが、フィオナさんが体調を崩してしまったことから2人は離れ離れになってしまいます…隣人…

「すぐに死んでしまうかも」と言われていた保護犬が見違える姿に! 今では別の命を助けるように…

千葉県に住む清水満さんの愛犬・福(ふく・雄・5歳)はプールが大好き! 子どもたちにも大人気の「福」この日も知り合いの小さな女の子と一緒に、スイスイと気持ちよさそうに泳いでいます。 冷たい水に浸かって気持ちいいのか、とっても幸せそうな表情です…

「ボクがキミの目に」病気で両目を失った犬 彼の側にはいつも小さな友達が

アメリカに住む白いふわふわの毛並みがキレイな犬、ホシ。彼は11歳の時、緑内障のため両目を失ってしまいました。しかし、今でもホシは元気に外を歩いています。それは、ホシには親友のゼンがいたからでした。ホシが緑内障のため、両目を摘出しなくてはな…

20年以上墓地にくる人々を癒し続けた墓守猫、最後の任務をこなし永遠の眠りにつく(イギリス)

イギリス、ガーンジー島にある聖サンプソン教会区教会。ここの墓地には美しい茶トラのネコが棲みついていて、もう20年以上も訪れる人たちの心を癒していた。その猫の名はバーニーという。 バーニーはこれまで、数えきれないくらいたくさんの遺族たちの悲しみ…

准将に昇進したペンギン、ノルウェー軍近衛部隊のニルス・オーラヴ3世に敬礼っす!

めっちゃエリートのペンギンがいるという。ノルウェーの陸軍に国王より爵位の称号を授かり昇進を続けるそのペンギンはニルス・オーラヴ3世である。 約50年も前から引き継がれている陸軍の伝統的な地位を継承したペンギン、ニルス・オーラヴ3世の閲兵儀式が先…

南の島で犬たちと一緒に遊べるチャンス到来!保護犬たちと共にハワイ・カウアイ島をハイキングできるツアーが開催中!

ハワイ諸島の南端にあるカウアイ島の動物愛護協会(KHS)は島の観光客向けに愛らしい旅の友やフレンドリーツアーガイドやを提供する企画を行っている。 このシェルター主催のフィールドトリップ・プログラムは、シェルターの魅力的な犬たちと一緒に島内ハイ…

愛犬ハンナの安楽死を決断した家族「最期の一日」の記録に涙が止まらない

主人公の老犬ハンナは、最期の最期で家族とともに「最高の一日」を迎えることができました。愛するペットが最晩年を迎えたとき、この家族と同じように、誰にも苦渋の選択を迫られる瞬間があるはずです。愛するペットとの向き合い方を、いま一度考えるきっか…

【これは感動】ストリートビューで亡くなった「ねこ」偶然発見!ツイッター中が感動の嵐に包まれる

愛するペットとはいつか別れてしまう運命にあります。特に犬やネコは人間寄りも寿命が短く、10ねんちょっとでお別れしなければなりません。そんなとき、写真や動画でなんとなく再開できるということはありますが、なんとあのGoogleストリートビューで自分…

「ふーっ、助かりました」ルイジアナの洪水で救われた子鹿が見せる表情がカワイすぎる

先日、アメリカのルイジアナ州を襲った大洪水。その最中に撮影された、微笑ましい鹿の赤ちゃんの写真が話題となっている。 近寄ってみると車内に鹿の赤ちゃんが この写真を撮影したのはアマチュア・カメラマンのScott Blackさん。 彼は洪水が発生した当日、…

【感動秘話】一匹の猫が負傷した遭難者を救出!この奇跡的な話がネットで大反響を呼ぶ

このかわいらしい猫、ある投稿をきっかけにインターネット上で超有名な猫となりました。 この猫、アルプスで負傷し遭難していた登山者をふもとまで導き救出した、スーパー賢い猫なのです! アルプスを登山していたのはあるハンガリー人男性。彼は遭難してし…

ありがとう~!殺処分寸前に救い出してくれた女性に頬ずりするニャンコが感動的

助けられたご恩を忘れないのはツルやカメだけではない。猫も自らのピンチを察知し、死の間際から救い出してくれた人には、心を込めてお礼を言う生き物である。こちらの「ヘンリー」が良い例だ。 irorio.jp

ついてきなさい…道に迷ったハイカーを救った「山の猫」がカッコいい

山歩きは楽しいものですが、危険もつきもの。 道に迷ったり、けがをしたり…。 その両方が降りかかったハイカーの体験談が話題になっています。 irorio.jp

レッチリのフリー、ゴリラのココと心温まるセッションを披露

「こんな素敵な出来事はないよ」と、ベーシストのフリーはゴリラのココとの出会いを語った。 レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシスト、フリーが、思いもよらない生徒に音楽の授業を行った。その生徒とは、カリフォルニアのウッドサイドにあるゴリラ財…

瀕死の子猫を救ったハスキー犬の愛 本当の親子のように暮らす、子猫とハスキー犬の家族が話題に

動画がYouTubeやTwitterで話題になっています。 昨年の4月、カリフォルニアの路上で保護された子猫のロージー。保護した当初はほとんど瀕死の状態で、食事も取れないほど弱っていたそうです。そこで、シベリアンハスキーのリロを寄り添わせてみたところ、リ…

大嫌いなはずなのに目が離せないワン! 結婚指輪を“目の敵”にしているわんこに「逆にすごく好きなのかも!」の声

youpouch.com

20年間もの長きに渡り、サーカスで鎖に繋がれていたピューマを救出。アマゾンの大地を踏みしめる姿に涙する。

iknow.click

【感動】石化した犬、フジツボのような体から奇跡の回復で元に戻る!

www.yukawanet.com

人の脚の間をスケボーで走るギネス新記録 ブルドッグが達成!

grapee.jp

20年たっても「後継馬なし」 “マイルの怪物”タイキシャトルが残した壮絶記録と、その可能性

gunosy.com

【降下訓練なう】警察犬の “ビビりまくる表情” をとらえた写真が話題 / ネットの声「感動的だ」

rocketnews24.com

子ネコを可愛がる心優しいゴリラの姿にネット上が感動の嵐【動画】

耳が聴こえない雑種犬と小さな甲斐犬の感動の“交流”

シカの角がポロッと落ちる瞬間をとらえた映像が地味にスゴい

​シカの角がポロッと落ちる瞬間をとらえた映像が地味にスゴいnews.aol.jp